So-net無料ブログ作成
ラノベ感想 僕は友達が少ない ブログトップ

「僕は友達が少ない」第3巻 感想 [ラノベ感想 僕は友達が少ない]

「僕は友達が少ない」第3巻の感想です。
ネタバレ感想については、隠してあります。

僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J) 僕は友達が少ない 第3巻
著:平坂読
画:ブリキ
出版:メディアファクトリー
ブランド:MF文庫J




平坂読さんと、ブリキさんのコンビで送るこの「はがない」。
「残念系ラブコメ」(勝手に命名)のライトノベルです。
第3巻は表紙が小鳩ひゃほーい!!
これだけで感想以上!でもOKな勢いです。

見た目がヤンキーな上、消極的な性格だけでなく、お笑いどころか怪談まで残念すぎるセンスを装備していることが災いして友達がいない羽瀬川小鷹。

見た目美少女なのに常時不機嫌オーラを出している為、周りから敬遠されている上、水着のセンスもすごくて友達がいない三日月夜空。

こちらも美少女で常に男の下僕を従えていますが、その点を同性から疎まれていること、また性格にも難があるうえ完全に美少女ゲーの虜になってしまったので友達がいない柏崎星奈(せな)。

男なのに見た目が可憐な美少女な為、周りがどう扱っていいか戸惑ってしまっており、友達がいない楠幸村。

見ただけでなく実年齢10歳という幼女ながら、頭脳明晰な為シスターにして先生をしているはずが、実際には人の言う事をすぐに信じすぎるお馬鹿な高山マリア。

天才科学少女にして、ロボット萌えの腐女子であり、ナチュラルセクハラをふりまく残念な後輩・志熊理科。

そして、小鷹の妹で金髪碧眼の美少女ながら、アニメに影響され厨二病発言を連発する、結構重度なブラコンである羽瀬川小鳩。

こんな残念な面々が、今巻でも残念すぎる集いを披露してくれています。

第3巻もスタイルは変わらず連作ショートショートの趣。
色々なお話が楽しめる分、作者の平坂さんは大変だろうなぁと思います。
平坂さんはTwitterをやられており、私もフォローをさせて頂いているのですが、この巻を書いていた頃の昨年末頃、逃避コメントっぽいのをつぶやいておられており、そちらでも楽しませて頂きました。

話の中でも、よくTwitterなどで使われているネタを取り込んでおられており、Twitterをしている私は思わずニヤリとしてしまいます。

好きな話は「拘束術式解除」。
小鳩メインだというのは偶然だと思います、ええ。
いつもゴスロリ服を着ている小鳩が、理由をつけて夏服に着替えて暑さをしのぐという話です。
67ページに掲載されている、小鳩生着替えイラストが神すぎて仕方がありません。
どうしたらいいのでしょうか?

他にも、肉こと星奈の超サービスイラスト掲載など、第3巻はサービスシーン多めの巻でしたね。

最近、アキバに行くとどの店舗でもこの「はがない」を大プッシュしています。
コミックアライブでの漫画化も決まりましたし、なんだかどんどんと展開されてきましたね。
大好きな作品なんで、もっともっと皆様の目に触れると嬉しいです。
早く4巻が読みたくて仕方がありません~。


術式拘束解除!魔力解放!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「僕は友達が少ない」感想 番外編 第1回勝手にキャスト決定! [ラノベ感想 僕は友達が少ない]

第1回と名うっていますが、第2回があるかは知りません。

どこよりも早い(といいな)「はがない」のドラマCD化またはアニメ化準備としてのキャスト決定。
内容と台詞がアレなんで、ちょっとだけ選択する声優さんに悩んだりしました。

「イメージが違うじゃねーか」「○○はこの声優さんしか認めない」「小鳩は俺の嫁」と様々なご意見ございますでしょうが、あまり神経質にならずにご覧頂ければ幸いです。

では、いってみよー!





キャスト発表!


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「僕は友達が少ない」第2巻 感想 [ラノベ感想 僕は友達が少ない]

「僕は友達が少ない」第2巻の感想です。
ネタバレ感想については、隠してあります。

僕は友達が少ない 2 (MF文庫J) 僕は友達が少ない 第2巻
著:平坂読
画:ブリキ
出版:メディアファクトリー
ブランド:MF文庫J




平坂読さんと、ブリキさんのコンビで送るこの「はがない」。
「残念系ラブコメ」(勝手に命名)のライトノベルです。
第2巻に入り、ラブ成分が若干大目になり、ロリ成分が大量投入されています。

見た目がヤンキーな上、消極的な性格が災いして友達がいない羽瀬川小鷹。

見た目美少女なのに常時不機嫌オーラを出している為、周りから敬遠されており友達がいない三日月夜空。

こちらも美少女で常に男の下僕を従えていますが、その点を同性から疎まれていること、また性格にも難があるので友達がいない柏崎星奈(せな)。

男なのに見た目が可憐な美少女な為、周りがどう扱っていいか戸惑ってしまっており、友達がいない楠幸村。

はなはだ残念な人間が、友達を作る為に創設した「隣人部」の活動を通して、更なる残念な結果を導き出しています。

第2巻では、ここに第1巻のプロローグで登場していた高山マリア、志熊理科、そして第1巻で神イラストを披露していた小鷹の妹・羽瀬川小鳩が正式に隣人部に参戦してきます。

見ただけでなく実年齢10歳という幼女ながら、頭脳明晰な為シスターにして先生をしているはずが、実際には人の言う事をすぐに信じすぎるお馬鹿な高山マリア。

天才科学少女にして、ロボット萌えの腐女子であり、ナチュラルセクハラをふりまく残念な後輩・志熊理科。

そして、小鷹の妹で金髪碧眼の美少女ながら、アニメに影響され厨二病発言を連発する、結構重度なブラコンである羽瀬川小鳩。
普段の痛い台詞と、焦った時などに出る、方言混じりの照れた台詞のギャップに萌えます。

改めて登場人物を眺めているだけで、なんとなく楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

話は第1巻や「ラノベ部」と同様に、ライトノベルでは珍しいと思われるちょっと長めの連作ショートショートといった趣です。
こういった形式って、色々なネタを盛り込む必要があるので作者は大変だと思いますが、読み手としては非常に楽しめますね。

好きな話は「妹」。
もちろん、小鳩メインだから…、というのもありますが(オイ)、これでようやく、正式に部員全員が揃った記念すべきお話でもあります。
大事なポイントは、小鳩の寝起きイラストは神だということです。

とにかくテンポ良く進む、なんとも読みやすいラノベに仕上がっています。
小鷹のハーレム状態がこれからどこまで突き進むのか、楽しみで仕方がありません。



残念会に参加する


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「僕は友達が少ない」第1巻 感想 [ラノベ感想 僕は友達が少ない]

「僕は友達が少ない」第1巻の感想です。
ネタバレ感想については、隠してあります。

僕は友達が少ない (MF文庫J) 僕は友達が少ない 第1巻
著:平坂読
画:ブリキ
出版:メディアファクトリー
ブランド:MF文庫J




「ねくろま。」や「ラノベ部」で有名な平坂読さんと、ブリキさんのコンビで送るこの「はがない」。
「残念系ラブコメ」(勝手に命名)のライトノベルです。
まあ、まだラブの部分は控えめですが。

見た目がヤンキーな為、聖クロニカ学園に転校早々クラスから浮いてしまった主人公・羽瀬川小鷹(高校2年生)は、ある日同じくクラスから浮いているクラスメートの美少女・三日月夜空が、放課後の教室で楽しそうに友達と話をしている場面に遭遇します。

しかし、話し声はすれども相手は見えず。
夜空の話し相手は、「エア友達」のともちゃんだったのです。
…いや、「エア友達」って斬新な発想ですね…。

お互いリアルの友達がいない2人は、「隣人部」という部活を立ち上げ、友達を作る為に様々な活動を(小鷹は半ば無理矢理)行っていきます。

隣人部の部員は全部で7名。
プロローグではまずは顔見せとばかりに、第1巻ではほとんど出番の無いメンバーも登場しています。
何れも残念な人達ばかりです。

母親が外国人の為金髪なのですが、中途半端な遺伝でまるで染損なった茶髪に見える、見ためヤンキーの小鷹(人付き合いも苦手)。

長い黒髪に鄙に見る美貌ながら、常に不機嫌な顔をしており、口も悪い為周囲から敬遠されている夜空(友達が多い人は苦手)。

美少女な為男の下僕はたくさんいるものの、同性を含め友達といえる人はいない、聖クロニカ学園理事長の娘である2年生・柏崎星奈(せな・夜空命名:肉)。

外見は儚げな美少女な為、同性からはどう扱っていいかわからず、距離をおかれてしまう為友達がいない、実際には男らしさに憧れ小鷹を「あにき」と呼び慕う1年生・楠幸村(でもメイド服着用)。

小鷹の妹で、色白で金髪碧眼の美少女なのだが、アニメの影響で厨二病のような言動をするようになってしまった、真名レイシス・ヴィ・フェリシティ・煌(スメラギ)ことリアル中学2年生の羽瀬川小鳩(ゴスロリ)。
いつもは設定に沿った痛い台詞を連発しますが、ふとした拍子に素に戻ると、方言が口につき小鷹のことを「あんちゃん」と呼びます。

他には、詳細不明の「先生」と呼ばれながら「年少組」とも呼ばれる高山マリア(銀髪少女)。
意識を失っていた小鷹をスタンガンで叩き起こす、ポニーテールで白衣を羽織った志熊理科(眼鏡っ娘)が登場します。

しかし、プロローグでいきなりメインヒロイン2人(決して主人公ではない)がリバースするラノベって、かなり珍しいのではないでしょうか?

内容はラノベには珍しい少し長めのショートショート連作。
登場人物達が、友達作りの為に考えた様々な活動を行っていきますが、やはりそこは残念な方々。
どうしても上手くいかず、最終的には必ず残念な結果に終わります。

でも、これだけの美少女(一部除く)に囲まれる小鷹は、本人の自覚はともかく十分なリア充ですよね?

メインキャラのうち、実質半分のみの登場ですが、それでも十分魅力あふれる1冊。
これからの展開が非常に楽しみですね。

個人的には、星奈と小鳩が活躍してほしいです。



隣人部に入部する


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ラノベ感想 僕は友達が少ない ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。