So-net無料ブログ作成
検索選択
ラノベ感想 ねこシス ブログトップ

「ねこシス」感想 [ラノベ感想 ねこシス]

「ねこシス」の感想です。
ネタバレ部分は隠しています。

ねこシス (電撃文庫) ねこシス
著:伏見つかさ
画:かんざきひろ
出版:アスキー・メディアワークス
ブランド:電撃文庫


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の伏見つかさ先生とかんざきひろ先生が送る、ほのぼのまったりコメディです。
お話としては、この本で完結していますので、気軽に手にとって楽しめます。

メインの登場人物は、猫又姉妹のちょっぴり怖くて威厳たっぷりの長女、白髪和装の白猫・東雲かぐら、一見クールでちょっと意地悪な次女、黒髪セーラー服の黒猫・千夜子、三女の天然オチコボレのトラ猫・美緒、泣き虫だけど、元気いっぱいの四女、ツインテールの三毛猫・鈴と、鈴の友人である金髪碧眼の美少女・西園ひかりの5名。そして黒猫のクロ。
三女・美緒が人化の術を習得しましたが、人として暮らしていくかを1週間という期限の中で見極めるという形でお話は進みます。

三女・美緒は何度も人化の術を習得しようと儀式に挑むも、なかなか習得出来ませんでした。
妹の鈴に先を越されるも、くじけず頑張り五回目の挑戦で無事習得出来ました。
人嫌いのかぐらは渋い顔ですが、強引に反対することもなく、1週間という期限の中で人として暮らしていくか美緒に決めさせるようにします。

先に人化の術を身に付けていた、千夜子や鈴の手をかりながら、ひとつひとつ人としての暮らし方を美緒は身につけていきます。
猫の習性がどうしても表に出てしまい、ドタバタすることもありますが、主に鈴の手助けもあり、ひかりと友達になるなど徐々に学校など人の世に馴染んでいきます。

逆に人としての生活が長くなってきたが故に、人としての考え方や暮らしが染み付いてきた千夜子や鈴、特に千夜子の態度に戸惑うこともありました。
千夜子とクロの関係について、特にその戸惑いが出ていたと思います。

元々人としての生活に憧れており、そのまま人として暮らすことに大きく心が傾いた頃、一つの事件が起ります。
詳しくはネタバレに譲りますが、人と猫(というかペット全般)の関わり方を考えさせられる事件を経て、美緒が最後にとった選択は…。

基本的にほのぼのした雰囲気、ほっこりした暖かさを感じることが出来る作品です。
おれいものプロトタイプ的な位置づけと、作者である伏見つかささんもあとがきで述べていますが、特に意識しないで、お互い独立した作品として楽しめます。
続きが読めないのは少し寂しいですが、猫又姉妹の今後がきっと幸せであることが伝わってきて、読了後は暖かい気持ちになりました。


正体を明かす


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ラノベ感想 ねこシス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。