So-net無料ブログ作成
ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ブログトップ

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第5巻 感想 [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第5巻の感想です。
例によって、ネタバレを含む感想は隠してあります。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈5〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5巻
著:伏見つかさ
画:かんざきひろ
出版:アスキー・メディアワークス
ブランド:電撃文庫



おれいも(現時点で)最新第5巻。
ドラマCD化も決定し、ますます勢いが増しています。
残念ながら、キャストは予想とは全く異なっていましたが…。

第4巻は桐乃がアメリカに旅立ち、黒猫が京介の通う学校に後輩として入学したところで終わっていました。
物語が大きく転換した訳ですが、第5巻はその黒猫と思いもしない場所での出会いからスタートします。
また、黒猫が学校生活でも京介に深く関ることになり、新たなキャラクターが登場してきます。

さて、今巻も全4章で構成されています。

1章は短いながらも、かなり大切なイベントが満載です。
何よりもまず、私個人が気になっていた黒猫の真名が明かされます。
未読の方もいると思いますので、ネタバレ感想の方に載せますがとても可愛いらしい名前でした。
そして、黒猫にとって大切なのがラスボス・麻奈実とついに対面したことでしょう。
出会った時の反応が、ほとんど桐乃と一緒というのがなんともはや。
黒猫の可愛い本心が伺える場面です。
流石に、桐乃ほど攻撃的な反応ではありませんが。
この他に、この後の物語に深く関わる、新入生向けの部活紹介イベントが綴られています。

2章は新キャラ登場のオンパレードです。
黒猫は学校生活では性格の問題もあり残念ながら孤立してしまいました。
その黒猫に、少しでも学校生活に馴染んでもらおうと考えた京介の強い勧めもあり、黒猫はゲーム研究会に入部します。
黒猫をサポートする為に入部した京介とともに。
ここで登場したキャラクターは3名。
まずは3年の三浦。なんとこの人、第4巻で京介が痛チャリをお借りした人だったりします。
まさか再登場するとは思っていませんでした…。
次に2年の真壁。変わり者ぞろいのゲー研の中での唯一の良心?のような男です。
そして、最後に1年の赤城瀬奈。京介の友人であり思わせぶり男である赤城浩平の妹さんです。
瀬奈は黒猫のクラスメートでもあるようですが、二人は馬が合わないようで顔を合わせると口論をはじめてしまいます。
この状況から、黒猫と瀬奈の関係を桐乃との関係に見立てた京介は、仲良くなれるのではないかと一計をあんじます。
上手くいったかは微妙なところでしたが、少なくとも黒猫の学内での居場所の作成には、成功したと思います。

3章はそのゲー研でのゲーム作成イベントにまつわるドタバタです。
新入生2人の仲を少しでも改善しようと考えた三浦の宣言により、黒猫と瀬奈の2人にコンテスト応募用ゲーム作成を命じてきます。
まずは2人に作りたいゲームのプレゼンをさせたのですが、結果は黒猫の勝利。
しかし、その結果に納得出来ない瀬奈は、部活に顔を出すのをやめてしまいます。
仕方がないので、黒猫と京介だけでゲーム作成を行うのですが、その過程で黒猫から京介へ衝撃の告白が行われます。
鈍い京介は、その想いの本気度に全く気がついていませんでしたがね。
最終的にゲーム作成が暗礁に乗りかけた際に、黒猫が思い切った行動をとり瀬奈を引きずり出し、ゲームは完成します。
コンテストの結果はともかく、黒猫が新しい友達を獲得した瞬間だと思います。
また、この章では京介の好みの女の子がはっきりします。
外見はあやせのような感じがお好みで、性格は麻奈実だそうです。

4章はあの人物が登場します。
しかし、何を書いてもネタバレになるので詳しくはこの後で。
ただひとつだけ。
黒猫がとても健気で、頑張っていますよ!

黒猫が好きな読者にはとても楽しめた1冊だったと思います。
少なくとも、黒猫派の私には十分楽しめました。
次回はまた展開が変わってくると思いますが、京介をめぐる人間(女性)関係がどんどんピンク色になっていくのが羨ましいですね。
ただ、黒猫や瀬奈への返答を考える時にゲームのように選択肢を入れるのは、京介が色々な意味で終わったことを意味していますが。

携帯メールを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 感想 番外編 第1回勝手にキャスト決定! [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

第1回と名うっていますが、第2回があるかは知りません。

2010年1月に最新第5巻が発売される予定の「おれいも」ですが、第4巻の読者アンケートに参加出来なかった(まだ受け付けているのかな?)ので、設問の一つだったキャラクター声優イメージを勝手に決定してみました。

メインキャストだけではありますが、私の好みだけで好き勝手選んでいます。
登場するキャラのほとんどが「妹属性」なので、必然的に私にとって、そういったイメージが強い声優さんが選ばれているかもしれませんが、おれいもの仕様ですので仕方がありません。

「イメージが違うじゃねーか」「○○はこの声優さんしか認めない」「黒猫は俺の嫁」と様々なご意見ございますでしょうが、あまり神経質にならずにご覧頂ければ幸いです。

では、いってみよー!




キャストを発表!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第4巻 感想 [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第4巻の感想です。
例によって、ネタバレを含む感想は隠してあります。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第4巻
著:伏見つかさ
画:かんざきひろ
出版:アスキー・メディアワークス
ブランド:電撃文庫



おれいもも早くも4巻目。
キャラクター達もどんどん暴れ出し、楽しさ絶好調です。
しかし、4巻ではもの凄いターニングポイントが訪れます。
こちらについてはネタバレ感想で触れます。

主人公である高坂京介(凡庸を旨とし、普通をこよなく愛する高校2年生)とその妹桐乃(読者モデルをするくらいの美少女である中学2年生)が、とある「秘密」を巡ってドタバタを繰り広げるラブコメディです。
もうまごうことなく「ラブ」をつけられます。

桐乃の態度の変化、そしてそれにまつわるとても大きな決断がテーマです。
そして、あの娘が大接近です。

今回も4章仕立てですが、まず最初は桐乃の友人である新垣あやせがメインの話です。
あやせが桐乃にプレゼントを贈るため、京介や友人の来栖加奈子を巻き込み、奮闘するという話ですが…。
あやせ、黒すぎ!
いくら桐乃のためとはいえ、加奈子の巻き込み方や、所々で出てくる笑顔付きの台詞が恐ろしいです。

ところでこの加奈子。実は黒猫の妹なんじゃないかと邪推してます。
別に確定台詞等は無いんだけど、黒猫に妹がいることはわかっていて、加奈子には「コスプレ」についてレクチャー出来る姉がいる…。
黒猫の本名がわかっていないのも、ある意味わざとかなぁと。

その黒猫ですが、何やら思わせぶりな台詞を口にしています。
京介のことをいまだに「兄さん」と呼んでいるのですが、それをいつまで続けるか京介に聞かれた際に、「安心して、あと二ヶ月もしたら呼び方を変えるから」と思わせぶりなことを言っています。
作中の時期は2月。
まあ、何が起き、どんな呼び方に変わるか、この情報で大体想像はつきますよね?

さて、次は3巻からひっぱっていた話です。
京介の嫁と小姑の対決ですよ。
親がいない日に、京介が麻奈実を家に招待しご飯を作ってもらうのですが、家にいた桐乃は麻奈実をみて露骨に不機嫌に。
あれやこれやと麻奈実と京介に嫌がらせをしてきます。
いやほんと、そこまでするか、というくらい。
最後に置かれた京介の状況、および麻奈実から発せられた台詞には、涙を誘わずにはいられません(笑)。
ちなみに、嫌がらせにはある意味では桐乃と同じ立場の人が、密かに関わっていたりします。

続いて第3章ですが、上の事件が原因で落ち込んでいる京介を、沙織発案、桐乃と黒猫参加で慰めるという話です。
しかし、もちろん話はそう単純にはいかず、むしろ京介は大変なメにあうわ何やらで…。

にょろーん。

まあ、傍から見てればそれなんてプレイ?ってくらい羨ましい状況なんですけどね!

最後は、桐乃が京介に2つの素晴らしい(?)贈り物をして終了。
1つは本当に素晴らしく、京介も大感激なんですが、もう1つはいかにも桐乃らしいというか、何というか…。

そして最後に、問題の超展開が待っています。
これはどうやってもネタバレが絡むので、感想は後述します。

まさかまさかの展開で、本当にこれからどうなるか全くわかりません。
しかも、今後の展開は読者アンケートの結果で変化していくそうです。
全くもって、目が離せません!



もう一度、本棚の裏の隠しスペースを逆側のふすまから開ける


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第3巻 感想 [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第3巻の感想です。
例によって、ネタバレを含む感想は隠してあります。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈3〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3巻
著:伏見つかさ
画:かんざきひろ
出版:アスキー・メディアワークス
ブランド:電撃文庫



面白さがどんどん加速しているおれいも。
公式ホームページでも色々な試みがされており、どんどん世界が広がってきています。

主人公である高坂京介(凡庸を旨とし、普通をこよなく愛する高校2年生)とその妹桐乃(読者モデルをするくらいの美少女である中学2年生)が、とある「秘密」を巡ってドタバタを繰り広げるラブコメディです。
もう正式に「ラブ」をつけてもいいでしょう。

3巻では桐乃のケータイ小説参入にまつわるドタバタ(しかも結構シビアな話)と、京介と黒猫の距離感が縮まるというのがテーマになっています。

今回も4章仕立てなのですが、最初の章では桐乃と黒猫が、京介達の家でアニメDVDに鑑賞会を開いたことに関連したドタバタが描かれています。
その中で桐乃が書いたケータイ小説と、黒猫が書いた同人についてお互いが批評しあっているのですが、まあなんともよく似た2人ですよ。同じようなことを書いて、同じようなことでお互いをけなしています。
また、そのドタバタの過程で、黒猫の京介に対する好意がはっきりと出てきました。
そして、4章では後述(ネタバレ欄)の理由から、黒猫が京介のことを「兄さん」と呼ぶようになりました。
私は妹属性ゼロだと思っていましたが、これは羨ましいと感じました…。
どうやら私はもう駄目なようです。

2章は麻奈実メインのお話。
今回も唯一雰囲気が異なっており、ほんわかモードかつラブラブモード満載です。
しかし、京介はあれですね。
口ではあれほど嫌いと言いながら、なんだかんだで大切にしている桐乃に対してですら、麻奈実をバカにする台詞を口にしたら激怒するくせに、まーだ単なる幼馴染宣言ですか。
もう、死んだほうがいいんじゃないかな(ただの僻み)。
ちなみに、近々麻奈実が京介の家に遊びに来るという、4巻以降への引きというか、伏線みたいなものが蒔かれています。

3章はある意味で衝撃の展開です。
京介と桐乃が、なんと決して兄妹では入ることがない、ラブホテルに入ってしまいました…。
しかもそのことが麻奈実の耳に入るし。

また、3章から4章にかけては桐乃がケータイ小説を出版するまでのドタバタと、そして事件が描かれています。
苦労して、努力して書いた桐乃のケータイ小説ですが、何者かによって盗作の憂き目にあってしまいました。
桐乃はケータイ小説を仕上げるための無理がたたり、風邪をひいてしまったため事件解決に奔走することが出来ません。
しかし、そこは頼れる兄&友人の出番です。
京介、黒猫、沙織の活躍で、事件は無事収束します。
桐乃は幸せ者ですよね。

相変わらずドタバタ楽しげに動き回るキャラクター達ですが、何故でしょうか、おきる事件が結構殺伐としているのが気になります。
個人的には、もう少し気楽な、1巻くらいの温度で事件がおきるといいな、と思います。



ケータイにパスワードを入力する


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第2巻 感想 [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第2巻の感想です。
例によって、ネタバレを含む感想は隠してあります。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2巻
著:伏見つかさ
画:かんざきひろ
出版:アスキー・メディアワークス
ブランド:電撃文庫



主人公である高坂京介(凡庸を旨とし、普通をこよなく愛する高校2年生)とその妹桐乃(読者モデルをするくらいの美少女である中学2年生)が、とある「秘密」を巡ってドタバタを繰り広げるコメディです。
少しだけ「ラブ」をつけてもいいかな?

京介と桐乃の関係だけでなく、少しずつサブキャラクターにも光が当たり始め、楽しさが増しつつあります。
特に、この巻から登場した桐乃の友人にしてモデル仲間の新垣あやせは、今後も色々と活躍しそうです。

2巻は1巻と比べて、ちょっと「ラブ」な要素が出てきた気がします。
京介の「ギャルゲ主人公属性」が表出してきた感じでしょうか。
周りの女性からは何故か好意を受け、でも本人は鈍感、というギャルゲにありがちな状況ですね。
桐乃も1巻に比べて、京介に対する好意みたいなものがほの見えてきましたし、京介の幼馴染、
メガネっ娘麻奈実は言うに及ばず、あやせ、黒猫と多士済々。
タイプの違う女の子にモテモテ(というほど良い目はみてませんが…)です。
羨ましい…。

桐乃は京介のことを友人に対して悪く言っていながら、いざその友人に京介のことを悪く言われて露骨に不機嫌になったり、今までであれば、わざわざ自分から京介に声をかけたりしなかったのに、からかう為とはいえ声をかけたり。
私の萌脳には、もうこれは鉄板としか映りません、ええ(←ダメ人間)。

4章仕立てのこの巻ですが、そのうち1つが京介と麻奈実のエピソードに割り当てられています。
もうね、詳しくは書きませんがこれを読めば、もういいかげんおまえらくっついちゃえよという、どんだけ鈍いんだよ京介!と叫びたくなります。
でも、なんかいいんですよね、麻奈実とのほんわかした感じが漂わせる雰囲気が。
おれいもの中では、麻奈実は本当に一服の清涼剤のような感じです。

また、コミケの話では沙織と黒猫が登場しています。
しかし、桐乃と黒猫が話しはじめますとオタク用語全快となりますね。
正直、自分も正確にはわからない言葉が多々あり、偉大な検索先生にお世話になりっぱなしです。
どうでもいいけど、黒猫可愛いな~。
1巻を読み終わった時には、これほど気に入るとは思っていませんでした。
猫耳も似合ってたし、もっともっと活躍してほしいな~。

最後は1巻とは違った形で、違った人を相手に桐乃の「秘密」絡みでバトルが勃発します。
京介の働きもあり、なんとか丸く(かなぁ…)収まりましたが、正直そのテーマとなった問題は、非常に難しいものだと思います。
詳しくは後述しますが、残念ながら少しだけ、寂しくも辛い気持ちを抱きました。
もちろん、だからといってお話の魅力は全く変わりません。
これから読む方は、心配せずお手にとってもらいたいと思います。

さてさて、主人公達の人間関係も幅が出始め、魅力が増したこの巻。
更に続きが楽しみになりました!




紙袋をぶちまける


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第1巻 感想 [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第1巻の感想です。
ネタバレ部分は隠してあります。

本書のタイトルが「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と非常に長く、タイプするのが大変なんで(嘘付けコピペだろ!という突っ込みは華麗にスルー)、略称をGoogle先生で検索してみたのですが、どうもまだこれ、というものが決まっていないようですね。
「俺の妹」「俺妹」「おれいも」あたりを散見したのですが、私は「おれいも」を採用したいと思います。
今後、ブログ中では正式名称が必要な時以外は、この略称で統一していきたいと考えていますのでよろしくお願いします。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1巻
著:伏見つかさ
画:かんざきひろ
出版:アスキー・メディアワークス
ブランド:電撃文庫



このところ、書店で平積みされているのをよく見かける本書。
個人的には、1巻の帯にお気に入りである「乃木坂春香の秘密」ヒロインの乃木坂春香が、推薦コメントを寄せているということで気になっていました。
なぜ乃木坂春香?って思いつつ、なんとな~く想像していた部分もあったんですが、まあこの点は予想通りでしたが…(詳しくはネタバレ部分で)。

主人公である高坂京介(凡庸を旨とし、普通をこよなく愛する高校2年生)とその妹である桐乃(読者モデルをするくらいの美少女である中学2年生)が、とある「秘密」を巡ってドタバタを繰り広げるコメディです。
まだ「ラブ」はつけなくてもいいかな?
その他登場人物は、京介の幼馴染の田村麻奈実(ザ・普通の「地味子」であるメガネっ娘)などが登場していますが、1巻においてはそれほどの存在感はありませんでした。

京介と桐乃は仲が非常に悪い、というか不干渉を貫いている兄妹です。
しかし、ひょんなことから京介は桐乃の秘密を知ってしまい、その秘密について桐乃から「人生相談」という名目で、その秘密についての相談を(無理矢理)受けることになります。
京介はしぶしぶながら、桐乃の秘密を守る手助けや、桐乃がその秘密がらみについて、より一層楽しめるように、尽力します。

最終的に両親に秘密がばれ、桐乃にピンチが訪れるのですが、京介の頑張りもあり、結果としてはピンチを乗り切ることが出来ました。

読み終わって一番感じたのは、良くも悪くも予想を裏切られた、という点でしょうか。
よくあるパターンの、最初は兄貴を嫌っている妹が、ドタバタを乗り越えたあと態度を一転させる、もしくは本当は大好きなのに、素直になれないっていうステロタイプなツンデレを予想していました。
少なくとも1巻を読み終えた時点では、関係に変化は訪れたものの、そこまで露骨な変化はなかったので。
まあ、なんとなーく匂わせている伏線のようなものもありますが、これは2巻以降に期待しましょう。

今後の展開が非常に楽しみです。




本棚の裏の隠し収納スペースを開く


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。