So-net無料ブログ作成
検索選択

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 感想 番外編 第1回勝手にキャスト決定! [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

第1回と名うっていますが、第2回があるかは知りません。

2010年1月に最新第5巻が発売される予定の「おれいも」ですが、第4巻の読者アンケートに参加出来なかった(まだ受け付けているのかな?)ので、設問の一つだったキャラクター声優イメージを勝手に決定してみました。

メインキャストだけではありますが、私の好みだけで好き勝手選んでいます。
登場するキャラのほとんどが「妹属性」なので、必然的に私にとって、そういったイメージが強い声優さんが選ばれているかもしれませんが、おれいもの仕様ですので仕方がありません。

「イメージが違うじゃねーか」「○○はこの声優さんしか認めない」「黒猫は俺の嫁」と様々なご意見ございますでしょうが、あまり神経質にならずにご覧頂ければ幸いです。

では、いってみよー!




【高坂京介】

羽多野渉

「乃木坂春香の秘密」とすこーしだけクロスオーバーさせようとしたお遊び。
男はどうでもよろしい(オイ)。
  
【高坂桐乃】

喜多村英梨

生意気な感じも、ちょっとだけみせる甘えた感じも、桐乃の大人びた雰囲気を余すことなく演じてくださるでしょう。
メルルイベントでの壊れた桐乃をどう演じるか、凄く興味があります。

【黒猫】

後藤麻衣

どっちかっていうと、もっと明るく元気で、ほんわかした性格のイメージが強い方ですが、何故だか今回はこんな配役に。
不思議とこの方のボイスに変換されたんだよなぁ。
でも、今はもうこの方しかありえない~。

【沙織・バジーナ】

柳瀬なつみ

まきいづみといったほうがむしろ通りはいいのは私だけ?
いつもの元気な声も、電話で一度だけみせた(聴かせた)お嬢様テイストなボイスも、この方にかかれば完璧に演じてくださるでしょう。
時空へようこそ。

【田村麻奈実】

後藤邑子

あのぽんこつ感と、全てを癒すかのごとく柔らかさを両立させた奇跡のボイスは、麻奈実のほんわかしたイメージにぴったりな気がします。
るんらら~。

【新垣あやせ】

門脇舞衣

耳どおりのよい柔らかいボイスですが、きっとくろーいあやせも完璧に演じてくれるでしょう。
笑いながら、怖さをボイスに滲ませてくれるハズ。

【来栖加奈子&メルル】

釘宮理恵

ブリッコしているときも、真っ黒な本性を現しているときも、きっとどこか可愛らしさを滲ませてくださると信じて疑いません。
今野宏美ってのも考えたんだけど、4巻のネタも含めて、この方にぜひ。




ちなみに、私は小説を読んでいるときはだいたい、脳内で各キャラクターの台詞がこの声優さんの声に変換されていました。
もちろん、全員がというわけではなく、このために考えて配役した方もいます。
茅原実里さまを入れることが出来なかったのが心残りですが、そもそもそれでは主旨が違ってしまいますし。

こういった配役を考えるのって、アニメ好きにとっては非常に楽しいですね。
ただ、あんまこれを突き詰めちゃうと、本当にドラマCDやアニメが制作されたとき、配役とのイメージギャップに苦しむことがあるのですが。

主題歌は桐乃、黒猫、沙織に麻奈実を加えたユニットでお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。