So-net無料ブログ作成

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第4巻 感想 [ラノベ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない]

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」第4巻の感想です。
例によって、ネタバレを含む感想は隠してあります。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫) 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第4巻
著:伏見つかさ
画:かんざきひろ
出版:アスキー・メディアワークス
ブランド:電撃文庫



おれいもも早くも4巻目。
キャラクター達もどんどん暴れ出し、楽しさ絶好調です。
しかし、4巻ではもの凄いターニングポイントが訪れます。
こちらについてはネタバレ感想で触れます。

主人公である高坂京介(凡庸を旨とし、普通をこよなく愛する高校2年生)とその妹桐乃(読者モデルをするくらいの美少女である中学2年生)が、とある「秘密」を巡ってドタバタを繰り広げるラブコメディです。
もうまごうことなく「ラブ」をつけられます。

桐乃の態度の変化、そしてそれにまつわるとても大きな決断がテーマです。
そして、あの娘が大接近です。

今回も4章仕立てですが、まず最初は桐乃の友人である新垣あやせがメインの話です。
あやせが桐乃にプレゼントを贈るため、京介や友人の来栖加奈子を巻き込み、奮闘するという話ですが…。
あやせ、黒すぎ!
いくら桐乃のためとはいえ、加奈子の巻き込み方や、所々で出てくる笑顔付きの台詞が恐ろしいです。

ところでこの加奈子。実は黒猫の妹なんじゃないかと邪推してます。
別に確定台詞等は無いんだけど、黒猫に妹がいることはわかっていて、加奈子には「コスプレ」についてレクチャー出来る姉がいる…。
黒猫の本名がわかっていないのも、ある意味わざとかなぁと。

その黒猫ですが、何やら思わせぶりな台詞を口にしています。
京介のことをいまだに「兄さん」と呼んでいるのですが、それをいつまで続けるか京介に聞かれた際に、「安心して、あと二ヶ月もしたら呼び方を変えるから」と思わせぶりなことを言っています。
作中の時期は2月。
まあ、何が起き、どんな呼び方に変わるか、この情報で大体想像はつきますよね?

さて、次は3巻からひっぱっていた話です。
京介の嫁と小姑の対決ですよ。
親がいない日に、京介が麻奈実を家に招待しご飯を作ってもらうのですが、家にいた桐乃は麻奈実をみて露骨に不機嫌に。
あれやこれやと麻奈実と京介に嫌がらせをしてきます。
いやほんと、そこまでするか、というくらい。
最後に置かれた京介の状況、および麻奈実から発せられた台詞には、涙を誘わずにはいられません(笑)。
ちなみに、嫌がらせにはある意味では桐乃と同じ立場の人が、密かに関わっていたりします。

続いて第3章ですが、上の事件が原因で落ち込んでいる京介を、沙織発案、桐乃と黒猫参加で慰めるという話です。
しかし、もちろん話はそう単純にはいかず、むしろ京介は大変なメにあうわ何やらで…。

にょろーん。

まあ、傍から見てればそれなんてプレイ?ってくらい羨ましい状況なんですけどね!

最後は、桐乃が京介に2つの素晴らしい(?)贈り物をして終了。
1つは本当に素晴らしく、京介も大感激なんですが、もう1つはいかにも桐乃らしいというか、何というか…。

そして最後に、問題の超展開が待っています。
これはどうやってもネタバレが絡むので、感想は後述します。

まさかまさかの展開で、本当にこれからどうなるか全くわかりません。
しかも、今後の展開は読者アンケートの結果で変化していくそうです。
全くもって、目が離せません!



はい、ネタバレ感想です。

いやはや、こんな超展開になるとは思っていませんでした。
桐乃がアメリカ留学しちゃいましたよ。

3巻で「次の人生相談が最後だから」とありましたし、第4章で結構素直になったところを見せていたので、何かあると思っていましたが、こういう展開にしてくるとは。
正直にいえば、まさか4巻で最終巻!?と思っていました。
まだまだ続くのは嬉しいのですが、前振りみたいなものは何も無かった(と思う)ので、少しご都合主義かな、と感じてしまいました。

では、時系列順に戻します。

麻奈実メインのお話ですが、これは京介が可哀想でしたね。
何が悲しゅうて、幼馴染の女の子(しかも京介は認めていないけどド本命)の前でエロゲやエロ本を開陳させられなきゃいけないのやら…。
エロゲが妹モノだというのは、桐乃との関係上同情の余地はありますが、エロ本コレクションがメガネっ娘だったのは本人の責任なんで、仕方ないでしょう。

実行犯は桐乃ですが、このトラップの裏で糸を引いていたのが黒猫というのが、また…。
桐乃にしても黒猫にしても、麻奈実は最強の敵にして、ある意味ラスボス的存在。
そりゃ必死にもなるでしょう。

妹モノのエロゲを目にし、京介の嗜好を誤解した麻奈実の台詞がまた哀れを誘います。

「……これからは、おにいちゃんって呼んだほうがいい?」

京介に幸あれ!(充分ある気もしますが)

第3章では、上の事件で落ち込み続ける京介を、3人娘がメイドに扮して励ましてくれます。
ここで誤解なきように言っておきますが、麻奈実の態度は特に変わっていないので、あくまで京介が気にしまくっているだけなのですが。

この章は桐乃が京介に、いつもは口に出来ない感謝を込めてプレゼント(お礼の言葉と妹モノエロゲー)をするというのがテーマのはずですが、私は違うと言い切ります。
黒猫の可愛さを語るのがテーマです(←壊れた)。

口絵に登場した、猫耳装備の黒猫の可愛さといい、メイド服で京介の前に出ることを恥ずかしがるところといい、沙織が用意したシスカリの黒猫仕様キャラが、もしかしたら京介の前で全裸になってしまうと気がついたときのうろたえぶりといい、もう神の領域です。
ここで私は声を大にして編集部に文句をつけたい。というか小一時間問い詰めたい。
なぜ、ここで黒猫のイラストが無(略)。


……
………

えー、黒猫が作成した京介と桐乃が主人公の超展開同人誌、いいところで「続く」となったのには笑わせてもらいました。

最後に第4章の感想です。
ここでは以前登場し、思わせぶりな台詞をはきながら何も無いという、ただのかき回しキャラだった京介の友人、赤城が再登場しました。

桐乃の最後の人生相談のお願いで、秋葉原で行われたエロゲーの深夜販売に並んでいた京介と、同じく妹のお願いでホモゲーの深夜販売に並んでいた赤城が鉢合わせです。
…気まずいだろうなぁ。
まだ、お互いが自分の趣味として、エロゲーを買いにきていたならましなのにね。

何とか深夜販売で商品を手に入れ、苦労して桐乃の元にもって返ってきた京介ですが、桐乃から一緒にプレイすることを強く要望されてしまいます。
そんな態度を不審に思いつつ、優しい京介は願いを聞き入れます。

そして、最後の、本当の意味での最後の人生相談が行われました。
1巻では見せなかった、桐乃の秘密の隠し場所を逆側のふすまから開けて京介に見せたのです。

出てきたのはアルバムとiPod、そして通信簿などです。
アルバムとiPodについては、結局何が入っているか明かされませんでした。
勝手な想像ですが、京介に関わるものが入っているのではないかと思います。
この中が明らかになるときは、きっと物語が終わるときなんでしょうね。

通信簿などは、運動が苦手だった桐乃が陸上を始めたきっかけや、努力の成果がまとめられたものでした。
詳しい理由までは触れていませんでしたが、桐乃にとっては本当に大切なものなのでしょう。
しかし、ここを読んでいたときはなぜ陸上の話?と思っていました。

ここまでを京介に打ち明けた桐乃は、すっきりとした、それでいて何故か寂しさを感じさせる態度を示しつつ、

「――じゃあね、兄貴」

と、はじめて京介のことを「アンタ」ではなく「兄貴」と呼びました。

その後、突然桐乃は陸上留学のためアメリカに旅立ったということを、京介は両親から聞かされます。
しかも、旅立った後に。

いやはや、何度も繰り返して恐縮ですが、超展開です。
もう少し、伏線みたいなものが欲しかったなぁというのが正直な感想です。

さて、最後は次への引きです。
高校3年生になった京介達の前に、新1年生が挨拶に現れます。
その娘は、黒髪のよく似合い、京介のことを「先輩」と呼ぶ少女でした。

作中では誰と言う言及はありませんでしたが、当たり前ですが黒猫です。
最後にイラストもありましたしね。

桐乃が去り、黒猫が近づく。

アンケートで今後の展開が決まると言いましたが、実際この後はどうなるのでしょうか。
黒猫ルートになれば、桐乃の出番が無くなる可能性すらあるみたいです。
麻奈実ルートの線は薄そうだよなぁ。

個人的には、黒猫ルートでお願いしたいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。